紅葉がキレイな奥津渓 4つ見どころ&オススメアクセス方法

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます。(*´∪`)

プチ贅沢旅行が大好きなライター・momoです。

岡山県屈指の紅葉のスポット「奥津渓」

もみじの季節には、ライトアップもされ幻想的になります。

ぜひ、一度訪ねてみてください。

そんな、奥津渓のアクセス方法と見どころをご紹介します。

見たいところをクリックしてください

奥津渓って?

岡山県の県北に位置し、奥津川が峡谷を浸食してできた、巨岩や滝・渕がある渓谷です。

また、この奥津渓は甌穴が多数あり数えて歩けば十数個にもなり「東洋一の甌穴」といわれています。

吉井川沿いに遊歩道が700mほど整備されており、甌穴群をゆっくりと見ることができます。

この一帯は、春はツツジ、夏は、新緑とカジカガエルの鳴き声、

秋は紅葉、冬は樹氷など、四季折々の自然の顔を見せてくれます。

岡山県屈指の紅葉スポット ライトアップも幻想的

奥津川沿いに奥津八景という自然の岩や滝などからなる情景を見ることができます。

また、遊歩道が川沿いに整備されているため散策しやすくなっています。

道幅があまり広くないので、道のわきに広いところがあるのでそこに車を停めて散策をされている方が多いです。

シーズン中は、交通量が増えるため迷惑にならないように気を付けましょう。

紅葉のライトアップが幻想的 奥津もみじ祭り

(出典:koyo.walkerplus.com

例年10月下旬から「奥津もみじ祭り」が開催されます。

奥津渓の紅葉を昼だけでなく、ライトアップで幻想的に彩り夜も楽しむことが

出来るようなっています。

また、「奥津もみじ祭り」期間中は、奥津渓内の交通規制があります。

鏡野町奥津振興センターが無料臨時駐車場になり、そこから有料で運行する「もみじバス」を利用して奥津渓を周遊します。

周遊バスの運転手さんもですが、ボランティアのガイドさんも乗車されるので

・どこが今見どころなのか。

・どこで降りて、どこで再乗車したらいいのか

質問したら丁寧に教えてくれます。

体力や体調に合わせて、散策するバス停は選んだらいいと思います。

奥津渓周遊もみじバス
発着場(乗車券売り場):奥津振興センター
料金:大人400円/小学生以下200円(幼児無料)
※一日乗り放題

問い合わせ
鏡野町観光協会:0868-52-0711

奥津もみじ祭り期間中交通規制

⁂鏡野町奥津振興センター前の国道179号線の津山方面から奥津温泉方面への道路が一方通行となります。

⁂期間中の土日祝は、一般車両やバイクなどの乗り入れが禁止

奥津渓ライトアップ期間

基本的に、奥津渓のライトアップの時期は、「奥津もみじ祭り」とは別に始まりは、10月上旬~落葉までとなっています。
時間:17:00~21:00
会場:奥津渓大釣橋~大釣温泉(鏡野町奥津川西)

お問合せ:鏡野町観光協会TEL 0868-52-0711

紅葉の見ごろはいつ?

奥津渓谷の紅葉の時期は、その年の気温等の自然条件にもよりますが例年10月の中旬から11月の上旬にかけてになります。

絶好のビューポイントは、大釣橋付近です。

大釣温泉から南へ下ると、臼淵の甌穴群が現れ、紅葉も見応えがあり

紅葉と渓谷美がどちらも楽しむことができます(*´∪`)

奥津温泉観光協会のwebカメラで奥津の紅葉進捗がわかります。
奥津渓の様子はコチラ(java VMが必要)

道の駅 奥津温泉

(出典:瀬戸内Finder

岡山では大き目の道の駅です。

特産物やお土産を置いています。フードコートもありちょっと休憩するには持って来い。

シーズン中はイベントも行っています。

「奥津もみじ祭り」の開催中の、11月3日(木・祝)には、10:00から15:00の日時にて、道の駅奥津温泉で「作州黒豚大鍋まつり」が行われ、直径1.5mの大鍋で黒豚や地元の旬の食材を煮込み数千人に振る舞います。

道の駅奥津温泉ホームページ

おばあちゃんの味「温泉亭」

行列してでも食べたい!と、テレビでも紹介され大人気のバイキングランチがおすすめです。
営業時間:11:00~15:00(オーダーストップ14:30)
料金:
中学生以上/1,200円
小学生以上/800円
3歳以上/300円
3歳未満/無料

奥津渓付近のオススメ宿泊施設

奥津温泉は美作三湯で、お湯が柔らかく肌がツルツルになり美人の湯と言われています。

こちらのお宿は、源泉掛け流しで湯質がよく昭和木造建築で趣があります。

スポンサードリンク

奥津渓へのアクセス方法

自動車で行く場合

・中国自動車道「院庄I.C」を降りて国道179号を鳥取方面へ約25km走行(約30分)

・山陽自動車道→岡山自動車道→中国自動車道「院庄I.C」を降りて国道179号を鳥取方面へ約25km走行(約30分)

バスで行く場合

中鉄バス「JR津山駅前」バス停より「奥津温泉行き」又は「石越行き」乗車約45分

「小畑」下車、徒歩10分で到着

おススメのアクセス方法

あまり交通の便が良くないところです。

レンタカーなどを借りて移動された方がいいと個人的には思います。

各社比較をして車をレンタルしてみませんか?

↓  ↓  ↓  ↓

まとめ

いかがでしょうか?

奥津渓は、紅葉と渓谷美がありとても自然豊かなところです。

ぜひ、一度訪れてみてください。

奥津渓旅行記です。ぜひ、覗いてみてください→岡山の紅葉おススメスポット奥津渓に 紅葉と温泉 日帰りドライブ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする