象に似た岩がある万座毛 アクセス方法・駐車場混雑と見どころ

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます٩(◦`꒳´◦)۶♡

momoです。


象に似た岩が有名で、とてもキレイな景色です。

海の底が見えるほど透き通っていています。

どこまでも青い空と海、広場の緑のコントラストがキレイな人気スポットです。

スポンサードリンク

見たいところをクリックしてください。

万座毛って?

沖縄本島北部の西海岸の恩納村にある万座毛

「万人も座する草原」琉球王朝時代、王が「万人を座するに足る」と絶賛したことが

名の由来と言われています。

(出典:nonohanai2.exblog.jp

イソギクをはじめとして沖縄島でもここだけに見られる植物が

いくつか生育していることで知られています。

その植物は、万座毛石灰岩植物群落として沖縄県指定天然記念物に指定されています。

沖縄の人気スポット 万座毛

お土産屋さんの奥に入り口があります。

遊歩道も整備されているので歩きやすいし、子供のバギーとか車椅子でも入れます。

少し歩くと象に似た岩が見えるポイントが万座毛で一番人気の絶景ポイントとなります。

クルッと回りながら、海岸沿いを散策していきます。

岩や崖もいいですが、海中の岩が丸見えのところがダイナミックで見どころでです。

海の中を見ていると青や赤色の魚やサンゴ礁が見えますよ。

20〜30分もあれば万座毛は見て回れます。

散策中に注意しなければならないのが、万座毛一帯は足元がすくむほど崖が高く、

柵がないところがいくつもあります。

小さな子供連れの方は目を離さないようにしてください。

また、写真を撮る時に柵のない崖ギリギリのところで撮影をしている人がいます。

調子に乗りすぎると転落する恐れもあります…くれぐれも注意してください。

無料駐車場は時間によりとても混雑

無料で広いですが、駐車マスが少ないので止めれないことがあります。

万座毛に行くのに道もそんなに広くありません。

そこに観光バスとかがたくさん来ますので、混雑していると

30分くらいは待つことになるかもしれません。

時間に余裕を持って行くといいと思います。

赤茶けたゴツゴツした岩 ちょっと違う裏万座

駐車場の手前の道を入って行くと、万座毛の裏側に出ます。

ところどころ、道の舗装が壊れていたりしてこのまま歩いて行っても大丈夫?

と思うくらい、万座毛に比べると人は少なくなるし寂しい気持ちになりますが

20分も歩くと、ガイドブックに載っている万座毛とはまた違う風景が目の前に広がります。

万座毛は、海外の方が多く見られガヤガヤと賑やかですが

裏万座はゆっくりとした時間の流れで、穏やかな気分になります。

レトロなお土産やさん

マキシワンピースが山のようにあります(⌒_⌒;

こんなにたくさん売れるのかしら?って言うくらい。

他にも、沖縄らしいシーサーとかありました。

観光時間帯と天候

晴れた日で太陽がある時間帯の海がキレイです。

夕陽や星のビュースポットでもあります。

曇りや雨の日、海が荒れた日はキレイな海は残念ながら見れません…

季節

年中キレイな海ですが、台風の時はもちろん。

冬は北風が強い日が多いので海がシケる場合がよくあります。

また、冬は北風が強いので風を通さない上着があった方がいいです。

万座毛へのアクセス方法

レンタカーで行くには

屋嘉(やか)IC

屋嘉ICから国道58号線を利用して約10分。

屋嘉ICはハーフICで許田ICから那覇IC向けの上り線からは

屋嘉ICで降りることはできません。

そして、屋嘉ICから北部向けの許田IC方向へは乗れませんので気をつけてください。

那覇空港

高速道路を利用して約60分かかります。

高速道路の区間は那覇空港自動車道

名嘉地ICから沖縄自動車道の西原JCTを経由で屋嘉ICへ

その後国道58号線を利用して約10分で到着です。

バスで行くには

那覇空港から恩納村役場前バス停へ20、120番バスに乗り「万座ビーチ前」下車。約1時間52分かかります。

名護バスターミナル20、120番バスに乗り「恩納村役場前」バス停下車。約39分かかります。

そして、乗り換えをして「万座ビーチ前」へ向かいます。

タクシーで行くには

那覇空港から万座毛へ58号線経由で、約50km、1時間17分

那覇空港から万座毛へ高速経由で、約50km、55分

まとめ

いかがでしたでしょうか?

空の青と海の碧が、とてもキレイな万座毛

レンタカーを借りて沖縄観光をされる人が多いと思います。

見る時間は、そんなに掛かりません。

一度は見ておきたい風景です。ぜひ訪れて見てください。

このブログの感想をぜひ、お聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする