大きな埋没林がすごい三瓶小豆原埋没林公園 アクセス方法と見どころ

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます(๑>◡<๑)

momoです。

埋没林ってご存知ですか?

私は、恥ずかしながら知りませんでした。

なんて言ったらいいのか…

埋没した木の大きさに圧倒されるのですが、神秘的で不思議な気分になります。

スポンサードリンク

見たいところをクリックしてください。

三瓶小豆原埋没林公園って?

島根県の三瓶山の約4,000年前の縄文時代の太古の森で原始のの森の豊かさとそれを一瞬で閉じ込めてしまう火山活動とうい自然の力に驚きます。

その火山活動という巨大な自然の力で三瓶原の埋没林が出来上がりました。

複数の樹木が根を張った状態で地層に埋もれたものが「埋没林」または「化石林」と呼ばれていて、全国で数十カ所ありますが、その大部分は根もと付近が残るのみです。

三瓶小豆原埋没林公園のように長い幹を残す埋没林は世界的にも珍しい存在だそうです。

芝生の中にポツンとある地下への入り口

広い公園の芝生にコンクリートで出来た地下への入り口があります。

この埋没林を発掘状態で展示してあるようです。

縄文時代へタイムスリップ!?( ´艸`)

縄文時代の巨木の埋没林

一番下まで行くと直径約2mの巨木の埋没していた木があります。その周辺にも当時の流木が約30本近くあり、手で触れることもできます。

現在は、この辺りでは自生しているスギはなく縄文時代は豊かな森として存在していたことがわかります。

3本の木が一つになった 合体木根株展示棟

ドアを開けて入ると、ちょっとひんやりしていて急な螺旋階段ずーっと続いています。螺旋階段を30メートル下って行くと、埋没した杉の根株があります。

杉の木が3本の集合体とのこと。

空洞は落雷で焼けた部分という事だそうです。自然の力と生命力にビックリしますΣ(・ω・ノ)ノ!

津和野・石見銀山・出雲大社の旅行記です→のんびりドライブで1泊2日 島根旅行 ~津和野・石見銀山・出雲大社~

三瓶小豆原埋没林公園へのアクセス方法

まず、ここはとても山の中なので車で行くのがおススメです。

広島・山口方面から

浜田自動車道大朝ICから、国道261号、県道40号、県道31号経由で約100分。石見銀山のそばを通過し、大田市街から三瓶ダム方面を目指して下さい。

岡山・大阪方面から

松江自動車道三刀屋木次ICから、国道54号、県道40号経由で約80分。

中国自動車道三次ICから、国道54号、県道40号経由で約120分。
三次市布野町「道の駅ゆめランド布野」から北へ約5kmの交差点「作木分かれ」から西へ進み国道375号へ抜けると近道です。

出雲空港から

レンタカーの使用をお勧めします。国道9号で大田市街まで約60分。市街から県道30号、県道56号で約20分。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

三瓶小豆原埋没林公園 太古の森の豊かさと巨大な自然の力

山の中なので、アクセスにはちょっと不自由ですが一見の価値はあります。

是非、訪問してみてください

このブログの感想を是非、お聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする