出雲大社の正しい参拝方法 普通の神社と参拝方法が違います!!

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます(♡˃ꇴ˂♡)

プチ贅沢旅行大好きなライター・momoです。

出雲大社は、今までに何度も行きました。

行くたびに、パワーを貰って帰るんです。

なんて言っても、出雲大社は最強の縁結びスポットですよね。

見たいところをクリックしてください。

出雲大社って?

出雲大社社務所 :〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195

TEL.0853-53-3100 FAX.0853-53-2515
お問合せ : 午前8時30分~午後5時

言わずとも知れた出雲大社。縁結びの神・福の神として名高い。

日本最古の歴史書といわれる「古事記」にその創建が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社と呼ばれていました。

主祭神は大国様として馴染みの深い『大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)』で、「古事記」に記される国譲り神話には、大国主大神が高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、その時に造営された天日隅宮(あまのひすみのみや)が出雲大社の始まりといわれています。

縁結びの最強スポットです。縁結びと言っても恋愛だけでなく、普段の人と人との結びつきにもご利益があります。

出雲大社は、柏手がちょっと他の神社と違ったりと参拝の前に知っておくと、ご利益倍増!?

参拝の仕方とアクセス方法についてまとめてみました。

出雲大社参拝方法

出雲大社の正式な参拝方法は地元では、まず御本殿を参拝した後、「反時計回りで境内を参拝する」のが正式な参拝方法と云われております。簡単に言ってしまえば4つある鳥居を全部くぐりつつ、必要なお社に参拝する。という形です。

一般の神社では「2礼2拍手1礼」が基本となっていますが、出雲大社特有の参拝方法として、「2礼4拍手1礼」での参拝となります。

その他にも出雲大社が特殊なのは、5月14日の例祭の時には「2礼8拍手1礼」を打ちます。

8という数字は古来より、神道では無限を意味していますので例祭の時は『無限に近い心づもりで盛大に神様へお祈りを捧げる』と言った意味合いになるそうです。

1つ目の鳥居 石作りの宇迦橋大鳥居

(出典:Panoramio

旧大社駅の近くにある大きな鳥居「宇迦橋大鳥居」のことです。

ちなみに鳥居とは神が祀られている神域への入口ともなります。

また神道においては参道の中央は神様が通る神聖な道とも云われています。

鳥居をくぐる時は参道の中央を通るのをできるだけ避けて左右の参道を通行します。

鳥居をくぐる時は神への敬意を払って一礼し、左足から入ります。

帰る時は最後の鳥居の前で振り返って一礼します。

2つ目 木の鳥居勢溜の鳥居

だいたいの人は、この「勢溜の鳥居」から、参拝を開始されます。

この鳥居は出雲大社の第二の鳥居となり、出雲大社では「正門」と云われている鳥居です。

ここで最初のお祈り 祓社

二の鳥居をくぐると、参道入口近くの右手に第一に参拝する社「祓社」があります。

ここで、けがれをきよめて頂きます。

参拝者が多いと列が出来て混雑している時があります。「2礼4拍手1礼」でお参りをして下さい。

祓橋(はらいばし)という太鼓橋を渡ると

松並木の参道の鉄の鳥居

参道は、神の通り道と言われています。

参道を歩くときは神の邪魔にならないように左側を歩くようにします。

松並木の参道には第3の鳥居「鉄の鳥居」があります。

鳥居でのお作法をお忘れなく(*´∪`)

この鳥居も、もともとはくぐることが出来たのですが

松の木を保護するために、今は鳥居の下はくぐれません。

そして、第四の鳥居をくぐる前にぜひ立ち寄りたい場所がムスビの御神像です。

(出典:geocities.jp

大国主大神が若く修行中だったころ、日本海の荒波の間から
”幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)”という魂が現れ
ご縁を結ぶ力を得られたというお話に基づきます。

ここで、同じポーズをとると力をいただけるそうです( ´艸`)ムププ

手水舎

御神前に進む前に、ここで両手と口を浄めます。

  1. 左手を洗うまず、拍手を行う手を清めます。
    そのため、片方の腕で柄杓を持ち、もう片方の手を清めます。
    この時、古来からの伝統では右手で柄杓を持ち、左手を先に洗うのが習わしとされています。
  2. 右手を洗う左手と同じように次は右手を清めます。
  3. 口をすすぐお口をすすぐのは、特に口から入るとされる邪気を祓うためです。
    左手に柄杓を持ち替えて、お水を注ぎ、右手で柄杓の水を受け、それを口に含みます。※直接、柄杓から口に含むのは厳禁です。
  4. 2回目に柄杓を持った左手を清める左手で柄杓を持ったまま、柄杓を建てて、左手と柄杓の持ち手に再度お水を流して双方を清めます。
  5. 柄杓を元の位置へ戻す使用した柄杓は、伏せた状態で必ず元の位置へ戻します。
    この時、斜め方向に置かずにキッチリと真っ直ぐに揃えて、他の柄杓と並行になるように静かに置きます。

※出雲大社を含めた手水舎での注意点※

  • 水は飲まない
  • 柄杓には絶対に口をつけない
  • 軽く口をすすぎ、手で口元を隠し、真下の溝へそっと流す

(出典:島根県・出雲大社の御朱印

金運アップの銅鳥居

鳥居でのお作法を忘れないように。1礼して左側の隅っこを歩いて下さい。

この銅鳥居ですが、触ると金運がアップすると言われているようです。

拝殿(御本殿)

「2礼4拍手1礼」で参拝します。

お賽銭の額に10円(5円+5円でもNG)を入れるのは、語呂合わせで、遠縁となるためNGです。

お賽銭の額は、語呂合わせで5円玉や11円(イイ)41円(良い)45円(始終ご縁がありますように)などを入れます。

ここにも、大きなしめ縄がありますが

有名な巨大しめ縄ではないので注意してください( ´艸`)

八足門

(出典:matsue.art.coocan.jp

八足門の中に御本殿があります。

特別の日(正月の三が日など)や、「神に特別な願い事をする方(特別ご祈祷)」以外は入れません。

ここで御本殿をお参りします。参拝は「2礼4拍手1礼」です。

(出典:邪馬台国大研究

八足門の前にピンク色の丸が3つあります。これは、けっこう知らない人が多いと思いまが、これは太古に神殿があったときの柱跡だそうです

御本殿周辺には社殿がいっぱい

八足門前で御本殿をお参り後、御本殿周辺の垣根を反時計回りに進んで順番に境内の殿舎をお参りします。

参拝は「2礼4拍手1礼」です。

御神体正面からの参拝:「2礼4拍手1礼」

大国主神の「御霊」が宿るとされる、本殿の正面の向きは「南向き」となっていますが…。

御本殿の内部では、大国主神の御神体は「西を向いている」そうです(**°ω°)…えっ??…

通常の神社では鳥居や参道に対して、正面が神様のご鎮座されるお社です。

しかし出雲大社では、大国主大神が西側を向いておられますので「正式には西側が正面になる」と言うことになるんですΣ(・ω・ノ)ノ!

だから…出雲大社では御本殿の西側にも小さな遥拝場が設けられています(;^ω^)

西側と言っても西側は壁になっていますので、その外側に遥拝場があるんです。

そして、その前でお祈りする…と言った感じになります。参拝は「2礼4拍手1礼」です。

最後は、大注連縄の神楽殿

日本一大きい大注連縄で有名ですね(๑>◡<๑)

この大注連縄の大きさは長さは13m、重さは4.5トンだそうです。

神楽殿では、神迎祭などの神事が行われます。「神迎祭」旧暦10月10日に行われます。

混雑している時の「2礼4拍手1礼」の作法の仕方

混雑している時・お祈りを長くしたい時は、中心に立ち続けず「2礼4拍手1礼」をしたら端によってから、お祈りしましょう。

それから「2礼4拍手1礼」を放つ前に、もう一つ大事なことそれは「帽子」です。

忘れがちな方が多いですが、帽子をかぶっている方は必ず「脱帽」するようにしましょう。

帽子をかぶったままでは神様に大変失礼です(๑ĭ➰ĭ)

出雲大社で拍手を4回打つ理由

柏手を4回打つ神社は他にも、「宇佐神宮(大分県宇佐市)」があります。

なんで、柏手を4回打つのでしょうか?

  1. 東西南北を守護するとされる「四神(しじん)」に対して敬意を示して4回打つと言われています。
  2. 通常の2拍手を篤い崇敬の意味合いで2回行っている
  3. 1年(四季)を実りと繁栄を祈願している

などと色々な理由が挙げられますが、いつ頃から柏手を4回打つことになったのか?はたまた4回打つ理由は解明されていないようです。

そしてこの柏手にも由来や意味があるんです。

柏手(拍手)で「音を大きく鳴らす」ことは重要なんです。

柏手で、音を大きく鳴らすことにより、悪意をはらい、神へのおそれうやまう気持ちを表すといわれています。

だから、柏手を打つ時しっかりと音をたてましょう٩(◦`꒳´◦)۶♡

拍手が終わり、お祈りを捧げたら静かに神様の前を離れましょう。

津和野・石見銀山・出雲大社の旅行記です→のんびりドライブで1泊2日 島根旅行 ~津和野・石見銀山・出雲大社~

出雲大社周辺のオススメ宿泊施設

まとめ

いかがでしたてしょうか?

出雲大社の参拝方法は、古来からの参拝方法です。なので他の神社よりも手間が増えます。

でも、正しい参拝方法を実行して良いご利益があると信じてみてください。

出雲大社の正しい参拝の仕方は

*二礼四拍手一礼です( ﹡ˆ ˆ﹡ )

*出雲大社の参拝の順序は

  1. 旧大社駅の近くにある大きな鳥居「宇迦橋大鳥居」
  2. 木の鳥居「勢溜の鳥居」
  3. 参道入口近くの右手の社「祓社」
  4. 松並木の参道の鳥居「鉄の鳥居」
  5. 手水舎で体を清めます
  6. 触ると金運がアップすると言われる「銅鳥居」
  7. 本殿

の順で参拝してくださいね。

出雲大社は日本でも有名なパワースポットです。

あなた自身のため、そしてあなたの大切な人のために、お祈りしてみてください。

きっと、その願いは叶うと思います。良縁に恵まれますように(*´艸`*)

ここをクリックして、このブログの感想を是非お聞かせください(*u_u*)ペコ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする