岡山のがいせん桜 ライトアップの夜桜も美しい 桜の見頃とオススメのアクセス方法

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます。(・∀・)♪+.゚

プチ贅沢旅行が大好きなライター・momoです。

あなたは、桜は好きですか?

薄ピンクの薄い花びらが、綺麗に咲いてハラハラと潔く散って行く

私は、大好きです。

スポンサードリンク

見たいところをクリックしてください。

岡山の新庄村を知ってますか?

出雲地方は古代より鉄の産地として有名で、出雲街道は都に続く「鉄の道」として開かれた交通の要衝で栄えて来ました。

東の「箱根」西の「四十曲」といわれた街道随一の難所の四十曲峠のふもとに新庄宿はありました。

後鳥羽上皇や後醍醐天皇も隠岐に流刑された時に立ち寄られた事でも知られています。

がいせん桜の由来

参勤交代の時行列が通る出雲街道の宿場町として栄え、岡山県下のシーズン最後の桜祭りがある新庄村。

本陣跡など歴史的建造物が宿場町の面影を今も残しています。

街道両脇の137本のソメイヨシノが植えられていています。

この桜は「がいせん桜」と呼ばれていて、日露戦争の戦勝記念に植樹されたものです。

この「がいせん桜」は、新庄村の名所となっていて満開の時期には通 りが桜のトンネルとなってとてもキレイです。

町並みを美しく引き立てる桜のトンネルがいせん桜通り

春の桜のシーズンはもちろんの事、夏は新緑・秋は紅葉・冬は雪の華と旧出雲街道の町並みが四季折々の顔を見せてくれます。

日露戦争の戦勝記念に植えた桜ですので、110年以上の古木ですが新庄村の懸命な樹勢回復治療で毎年見事な花を咲かせてくれます。

そして毎年4月中旬の日曜日には、岡山県下でシーズン最後の桜祭りが開かれます。

特産品の販売や、傘踊り、民謡、太鼓などの郷土芸能が披露され、「姫の餅」や「ヤマメの塩焼き」などの食べが露店にて販売されていて大勢の観光客で賑わいます。

桜並木の側には、小川も流れていれ鯉もいます(๑>◡<๑)

少し離れた、新庄川の土手にはソメイヨシノではなくしだれ桜が咲きます。しだれ桜なので、がいせん桜より少し遅く満開になりますが、このしだれ桜も綺麗です。

がいせん桜付近の宿泊施設

美作三湯の一つ湯郷温泉の中のお宿で、とても雰囲気のいい旅館です。お湯質も申し分なくお肌がツルツルになります。

がいせん桜へのアクセス方法

新庄村は、岡山県の北部にありますので交通の便はあまり、よくありません。

最寄りの主要な駅でレンタカーを借りて車で行くのがいいと思います。

レンタカー各社を比較してご利用ください

↓  ↓  ↓

駐車場は河原などで100台程度駐車することができます。

電車で行くには

JR姫新線にて中国勝山駅にて下車 真庭コミニュティーバス約40分乗車「新庄上」下車

JR伯備線にて根雨駅にて下車 車で約20分

車で行くには

中国自動車道

落合ICで降りて国道313号・181号を米子市に向かい50分

米子自動車道

蒜山ICで降りて北房川上線で15分

久世ICで降りて国道181号を米子市に向かい40分

湯原ICで降りて県道湯原美甘線を経由して30分

まとめ

がいせん桜通りは、桜と歴史に彩られたとても素敵なところです。

ちょっと、交通の便利がよくないのですが自動車の運転が出来る人なら、主要な駅からレンタカーでドライブ感覚で行けるところにあります。

ぜひ、桜の季節に行ってみてください。ライトアップもしていますので夜桜も素敵です💕


ここをクリックしてこのブログのコメントを是非お聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする