紅葉真っ盛りの国立公園大山のアクセス方法と4つの見どころ

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます。(♡˃ꇴ˂♡)

プチ贅沢旅行が大好きなライター・momoです。

岡山県と鳥取県の県境にある名峰・大山

紅葉も平野部に比べると早くから始まります。

10月の初旬から色づき始め11月初旬までが見頃になります。

近くに温泉もあるので、紅葉を見て帰りにのんびり温泉に入って帰れます(∩˃o˂∩)♡

見たいところをクリックしてください。

蒜山から大山に向かう蒜山大山スカイライン

蒜山高原から大山に向かう観光道路です。

道路も整備されていて、カーブもきつくないので楽しく音楽を聴きながらドライブが楽しめます。ドライブの途中でぜひ立ち寄ってもらいたいのが、鬼女台展望休憩所です。大山が一望できてブナの原生林の紅葉がとても美しく雄大です。駐車場も広いのですがシーズン中は満車になることがありますので注意してくださいね。

大山の反対側は、蒜山高原も見えますよ。こちらも綺麗に紅葉しています(๑>◡<๑)

角磐山 大山寺と大神山神社奥宮

駐車場から歩いきましたが、沢のようなところを超えてアスファルトのけっこう急な坂道を登ります。そして、石畳なのですが、ボコボコしたものなのでピンヒールでは歩きにくいと思います。スニーカーもしくは、ヒールでもウェッジソールのようなものがいいかと(⌒_⌒;

しかし、眺めは最高です。

紅葉で色とりどりに色づいた山が沢から見えますし、お寺も厳かな雰囲気のいいお寺でした。

また、なで牛という心の中で1つだけ願いを唱えながら撫でると願いが叶うという牛の像があります。

大山寺の山門横の石畳を上がっていくと大神山神社があります。

とても長い石畳のうえ苔生していて、滑りやすいので歩くのに注意が必要です。しかし、とても趣があっていい感じです(*бωб)

お社も山奥なのにとても立派で、荘厳な佇まいです。

紅葉も素晴らしく、見応えがあります。

そして、参道にはお土産やさんもたくさんあります。

中には名物の大山そばもいただけるお店もあります。大山そばは、ご当地グルメで茶色のそばでとろろ芋やエビ天がのっていて少し味の濃い暖かいお蕎麦でした。おこわとの相性もピッタリです。

大山寺の参道沿いの豪円湯院

温泉の準備をしていなくても、バスタオルなどレンタルしてくれる便利な日帰り温泉施設です。

大山の地下から湧き出た温泉で、内風呂は少し薄暗く洞窟のような雰囲気でホッとして癒されます。お湯も柔らかく肌もスベスベになります。

露天風呂は、雄大な大山を見ながら楽しめますし施設のお庭(日本庭園)もお風呂から眺めることができます。

また、ここの温泉は飲用水としても利用できます。そして、無料!ペットボトルなどに入れて持って帰ることも出来ます。

お食事処や売店もあり、ちょっと硬めのお豆腐『豪円豆腐』も食べることができます。

出来立てのお豆腐なのでとても味が濃くて美味しいです。

鍵掛峠付近

ここは、もう言うことなしの絶景です(♡˃ꇴ˂♡)

大山寺から車で15分〜20分くらい走ったところにあります。

山々が色とりどりに紅葉していて、中腹には針葉樹の緑というコントラストが素晴らしい。

後ろを振り返れば大山の南側で、大山の絶壁を見ることができます。こちらの紅葉も大山の絶壁と紅葉の素敵な風景を見ることがです。

鍵掛峠は駐車場も少なく車をなかなか止めることができません。

道沿いの広い駐車スペースに車を止めてシャッターを押している人がたくさんいました。

私も、その一人なのですが…( ̄▽ ̄;)アハハ…

車を止めて写真を撮ろうよ。って言いたくなります。

思ったより、たくさん車も行き交うので写真を撮るときには気をつけてください。

スポンサードリンク

国立公園大山へのアクセス方法

住所:〒689-3318 鳥取県西伯郡大山町大山

大山は、海抜1709mの大山は中国地方最高峰で北西側の姿から別名「伯耆富士」との愛称がついています。

豊かな森林に覆われており、なかでも標高800~1,300mにかけて残る西日本最大級のブナの自然林は有名で夏場は登山をする人が多く訪れます。また、冬場は海岸に高くそびえていますので、気温の変化や北西季節風をまともに受けるため強風、多雪雨の気候で、西日本最大規模のスキー場となり多くのスキーヤーが訪れるところです。

車で行くには

関西方面より

中国道中国吹田ICより津山方面へ、中国道落合JCT経由、米子道を蒜山・米子方面へ、米子道米子IC下車、県道24号線を大山方面へ。
約12kmで大山・博労座へ。
大阪から大山 所要時間 約3時間15分

岡山方面より

山陽道広島ICより大阪・神戸方面、岡山ICより広島方面へ、岡山JCT経由、山陽道北房JCT経由、中国道落合JCT経由、米子道を蒜山・米子方面へ、米子道米子IC下車、県道24号線を大山方面へ。約12kmで大山・博労座へ。
岡山から大山 所要時間 約2時間

電車で行くには

岡山まで新幹線を利用し、岡山から「特急スーパーやくも」に2時間乗車米子駅にて下車

その後レンターカーもしくは路線バスで約50分(詳しくはこちら)・大山るーぷバスで右回り(赤色)約30分左回り(青色)約50分(詳しくはこちら

大山国立公園周辺のオススメ宿泊施設

大山国立公園のそばには山陰のいい温泉地がたくさんあります。

皆生温泉 湯喜望 白扇

和モダンで素敵な旅館です。ジャグジーが付いていて海を望む事が出来ます。

皆生温泉 海色・湯の宿 松月

小さなお宿ですが、スタッフの方の気遣いが行き届いてとても居心地のいい旅館です。料理もとても美味しくいただけました。

まとめ

国立公園大山に行くには、レンタカーを借りてドライブをしながら行くのがやっぱりおススメです。

レンタカーは色々比較して気に入ったところで借りてください

👇  👇  👇  👇

そして、車で蒜山大山スカイラインを走りながら、紅葉で色づいた美しい山々をながめると感動します。

また、おいしいお蕎麦と豆腐・温泉もあり癒されること間違いなしです。

ここをクリックしてこのブログのコメントを是非お聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする