セブ島女子旅行 イビザビーチクラブのシュラスコビュッフェで大満足4つの理由と欠点もお伝えします

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます♡(.◜ω◝.)♡

プチ贅沢旅行が大好きなライターmomoです。

セブ島での夕食のなかで1日は綺麗なビーチの側でのシュラスコビュッフェはいかがでしょうか?

私たちは、イビザビーチクラブでDJを聴きながらシュラスコを頂きました。

BBQは自分で焼かないといけないけど、焼いてくれた美味しいお肉やシーフードを運んできてくれます。

イビザビーチクラブとは

住所:Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu City, Cebu, フィリピン

電話:+63 32 492 7777

営業時間: 月〜木 16時00分~0時00分

金〜日 15時00分~2時00分

曜日によって、ライブステージが変わります。

賑やかな音楽やDJに合わせてミラーボールがキラキラ回って

とても楽しいくお腹いっぱいになります。

その1 モダンなホテル モーベンピックのレストラン

セブ島の中でもとても綺麗でモダンなホテルの中レストランなので安心して飲食ができます。

シャングリ・ラマクタン同様ホテルの敷地に入る時、警備員がいてタクシーなどをしっかりチェックしています。

セブってそんなに治安が悪いの?と思うくらい。Σ(oдo艸)💧その反面、安心して過ごすことができます。

その2 日本語が話せるホテルフタッフがいる

ホテルに行くのは自分で行くため、ホテルについてどうしようかと思っていると

日本人スタッフが、レストランまで案内してくます。そして、ホテルスタッフに色々話をしてくれるて席まで案内。英語が話せない人でも十分楽しめます。

飲み物など、最初に日本語で説明してくれたので後で追加など楽にすることができます。

その3 ライトアップがカラフルで明るいく屋外と室内と選ぶことができる

ピンクやブルーなど綺麗な色でのライトアップ

気分も華やいで、とても楽しい気分になります。

目の前に海も広がっていて開放感も抜群です。

そして、席も屋外と室内を選ぶことができます。

屋外がいいけどスコールが気になる人は、大きな白いパラソルの下に案内してくれるので安心です。

その4 お肉やシーフード 盛りだくさん

最初は、ビーフから始まり、チキン、ポーク、ラムといったお肉類やシーフード

全部で15種類あります。٩(∗ ›ω‹ ∗)و

熱々でジューシーなものを目の前で串から外して、お皿に入れてくれます。

量も半端なく多く女の人は絶対に食べきれない量が出てきます。

なので、全部食べようとせず1口ずつ食べないと食べきれませんでした。

サラダや前菜はセルフサービスです。

イビザビーチクラブのシュラスコビュッフェここがいまいち…

何と言っても、食事の量が半端なく多い。全部食べたくても食べきれる量ではないです(๑ĭ➰ĭ)

お皿も1つだけなこともあり最初は、お腹も空いているので食べれるのですが途中からお皿の中が食べ物だらけになってしまいます。

そして、ラムのお肉は私にはちょっと匂いがきつく「ザ・ラム!!」という感じでした。

1種類のお肉やシーフードをたくさんお皿に入れてくれるわけではないのですが、お腹いっぱいになって食べきれません。1口ずつ食べた方が全部食べれるでしょうが、とても勿体無いことになります。

ツアーでセットを組まなくても、自分で予約をして行って好きなものを好きなだけ頼む方が安上がりで、勿体無いことをしなくて済むのかもしれません。

まとめ

イビザビーチクラブの雰囲気はとても素敵です。

ライブもとても楽しく、有意義な時間が過ごせます。

他のホテルを利用しているのであれば、モーベンピックに行ってみるのもいいと思います。

自分の利用しているホテルとはまた違うホテルの雰囲気を味わうことができます。

アルコールはとても美味しく、種類も色々あり私は大満足です。

ぜひ、セブ島に訪れた時はイビザビーチクラブのシュラスコビュッフェに行って見てください。

ツアーで申し込むのもいいですが、自分で予約をとって行くのもいいと思います。

ここをクリックしてこのブログのコメントを是非お聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする