金沢の風情を伝える、ひがし茶屋街 アクセス方法・おススメ観光を紹介

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

(出典:加賀山代温泉べにや無何有 むかゆう

『加賀百万石』の城下町…金沢

何度、訪れてもとてもいいところですよね(*’v`)b

スポンサードリンク

見たい項目をクリックしてください。

ひがし茶屋街って?

『加賀百万石』の城下町である金沢
その中でも、上品でとても風情のあるところが
【ひがし茶屋街】です

重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街(ひがしちゃやがい)の名称で知られる。 南北約130m、東西約180m、約1.8haで、保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残る。

(出典:Wikipedia)

金沢に残っている茶屋街の中で最も大きく、道の両側に綺麗な出格子があり

古い街並みが残っていて、とっても風情があります。

今にも、三味線が聞こえて来そうなお茶屋があります。

建物を楽しみながら散策するのがオススメです。

アクセス

(出典: MAP&NEWS.net)

城下町金沢周遊バスがあり、右回りと左回りがあり 1周約40分 15分間隔で運行しています。

1回乗車200円・1日フリー乗車券(大人)500円(小人)250円 なので、1日フリー乗車券の方がすぐ元が取れてお得です。

金沢駅バスターミナル7番乗り場から【右回り】で橋場町下車 約11分です。

橋場町から少し歩くとひがし茶屋街に到着です。

お茶屋の内部が見学できます。

志摩

(出典:お茶屋 志摩)

1820年の建物で、日本で唯一国指定重要文化財のお茶屋です。

2階の客間は遊興が主体で押入れなどがない、いきな作りとなっています。

また、お客が床の間に背を向けて座ると

正面が控えの間となっていて、襖が開くと艶やかな舞や遊芸が披露されます。

なんだか、タイムスリップしたようですね(◞ꈍ∇ꈍ)◞⋆**

(出典:お茶屋 志摩)

『寒村庵』というお菓子とお抹茶を頂けるところがあります。

*有料です。

(出典:お茶屋 志摩)

金沢ひがし - 志 摩 –

〒920-0831 石川県金沢市東山一丁目13-21

TEL 076-252-5675 FAX 076-252-0777

お茶屋 志摩

懐華楼

(出典:suming diary)

ひがし茶屋街の中程にある金沢で一番大きなお茶屋です。

金沢市指定保存建物で、昼は『一般公開』夜は『一見さんお断りのお座敷』となります

一見さんお断りとは、馴染みのお客さんの紹介が必要で面識がない人は入ることができません。ですので、いきなり行っても夜は入れてもらえないですし、紹介がないと予約も取れません。そう…お座敷遊びができないんです。

でも、ガッカリしないでください。

一般の人も参加できる企画を行っているので懐華楼に確認してください。

また、一晩にひと組だけのお客さんをおもてなしする謂わゆる、一客一亭です。

昔ながらの接客。素敵ですね(*´∪`)

(出典:懐華楼)

『懐華楼カフェ』加賀百万石らしい金箔の入った甘味等があります。ひがし茶屋街の散策で少し休憩しよう。という感じでもご利用できます。

(出典:suming diary)

懐華楼

懐華樓 (懐華楼 かいかろう)

〒920-0831 石川県金沢市東山1-14-8

[電 話] 076-253-0591

カフェ・甘味処・お土産

ひがしやま酒楽

(出典:ひがしやま酒楽)

私達が、利き酒をしたところです。

箔一プロデュースの新形態のお店です。

石川の地酒(120種類)・珍味(50種類)・伝統工芸が置いてありました。

利き酒は1杯500円~なので、カフェ感覚立ち寄るのもいいかと思います。

また、お酒を購入して二階でゆっくり飲むこともできるんです。

色々な、お酒が飲んでみたかったので利き酒だけにしましたが

けっこう、酔っ払いになりました。

私は、珍味のお土産とお酒を買って宅配にしてもらいました。

(出典:ひがしやま酒楽)

ひがしやま酒楽

〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目25

甘味カフェ 茶ゆ

(出典:All About

見返り柳の側の甘味カフェです。

1階は地元厳選の和素材(醤油・味噌・棒茶等)を最中、どら焼き、サンデーと好きな食べ方を選ぶことができるジェラート屋さんです

(ひがし茶屋街は食べ歩き禁止なので注意が必要です。)

2階がお座敷となっていて和空間の甘味処です。

お抹茶・上生菓子・あんみつ・ぜんざい 等を落ち着いた雰囲気で楽しめます。

甘味カフェ 茶ゆ

石川県金沢市東山1丁目7-8
TEL&FAX:076(253)1715

(出典:NAVERまとめ

はくいちカフェ

(出典:美味しく、生きよう!

「金沢箔工芸品」と「あぶらとり紙」の老舗の【箔一】が手がけています。

東湯をリニューアル。外観はそのままに店内はひがし茶屋街の雰囲気にぴったり

金箔や格子・朱色がベースの素敵な作りになってます。

イートインコナーが2階にあり、金箔ソフトや金箔コーヒーがいただけます。

散策の合間に訪れて、金箔ソフトを食べると。

お土産話やInstagramにUPするのに最適ですね。

(出典:箔一 東山店)

箔一 東山店

〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目15−5

(出典:ZEKKEI Japan

他にも、たくさん風情あるお店が並んでいます。

外観は、そのままに…

中を改装してカフェやショップ・お食事処として運営されているようです。

ひがし茶屋街は、このタイムスリップしたような風情ある空間が魅力的なところです。

冬の金沢~京都  ~女3人お気楽旅行~

👆  👆  👆  👆  👆

ひがし茶屋街の旅行記です。こちらも覗いて下さいね。

このブログの感想をぜひ、お聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする