十和田湖の観光 アクセス方法と見どころを紹介

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます。(人”▽`)☆

スポンサードリンク


見たい項目をクリックしてください。

十和田湖ってどんなとこ?

青森と秋田両県にまたがる大きなカルデラ湖で日本で3番目に深い湖です。

四季をとおして、色々な顔を持ち大自然の素晴らしさを教えてくれます。

新緑と紅葉の名所でシーズンには多くの人がおとずれます。

私が行ったのは、4月の中旬でまだ新緑には少し早く、山々にも雪が残っている状態だったので寒かったですq(╯ᆺ╰๑)

しかし、大きな湖と壮大な山々をみて雄大な自然と触れることが出来て

良かったです✧◝( ◠‿◠ )◜✧˖°

アクセス

青森空港・新青森駅(新幹線)より路線バスを乗り継いで焼山まで約90分 レンタカーを借りても同じくらいです。飛行機でも新幹線でもあまり焼山に行くの時間は変わらないです。

東北の移動は、やっぱりレンタカーを借りて移動するのが一番いいですね。

私も、レンタカーで移動しました。観光地周辺も散策できるし、バスとかも本数が思いのほか少なかった感じです。

十和田湖周辺の散策

湖畔には、高村光太郎の乙女の像・十和田湖ビジターセンターや、観光用の湖上遊覧船もあります。

今回は、本当に寒かったので観光用の湖上遊覧船には乗りませんでした(。ŏ﹏ŏ)

乙女の像

乙女の像は十和田湖の湖畔を10~15分歩いたところにあります。

途中には十和田神社もあり、不思議なパワーを感じます。

思ったより、乙女の像が大きく『びっくり (๑ʘ∆ʘ๑) 』

訪れた時は、4月中旬でしたが山に雪も残っていて風も強く寒かったです。

曇っていたこともあるんだと思いますが…

天気がよく暖かいと、車から降りてのいい散歩になると思います。

十和田湖神社

十和田神社には和田山青龍大権現が奥の院に祀られています。

その他にも『占場』があり、『おより紙』で吉凶占います。願いが叶う時は、水底に引き込まれるように沈み、叶わない時には重いものでも浮いたまま波にさらわれて沖に流されると言われています。

現在、頂きから占場へ下る梯子は通行禁止となっており、乙女の像の前に広がる御前ヶ浜に投げ入れるか、十和田湖遊覧船で十和田神社占場経由便に乗るのがおすすめとのことです。

残念ながら、私は寒すぎてそこまで行き着くことができませんでした(。ŏ﹏ŏ)

春になっていると思ってコートを持って行かなかったけど、この時期の東北旅行にはまだコートがあった方がいいと感じました。ほんとに寒かった(╥ᆺ╥;)

南祖坊と八郎太郎の伝説

十和田湖に行くと『南祖坊』という修験者の伝説をよく聞きます。

その伝説は、龍神となった八郎太郎と南祖坊の戦いです。七日七晩続き、ついに南祖坊が勝ち八郎太郎は十和田湖を後にした。ということです。

その前後の話もあるのですが…それは、八郎潟の話や田沢湖のたつこ姫に続いていきますのでここでは割愛します。

詳しく知りたい方はこちらへ→言霊

十和田湖ビジターセンター

十和田湖ビジターセンターは、十和田湖の野鳥や自然・十和田湖の成り立ちなどが詳しく展示してあります。

十和田の自然事ががよくわかります。ちいさいお子さんを喜ぶと思います。

あと、野鳥オタク

瞰湖台

瞰湖台からの眺めは最高です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

十和田湖が一望できます。

雪が足元に残っていたけど、寒さを少し忘れました(´ ▽`).。o♪

もう少し暖かくなって、いい天気だったらホンマに最高の眺めなんだろうなぁ(◞ꈍ∇ꈍ)◞⋆**

東北旅行記→角館武家屋敷と十和田湖 ~ 東北へ ちょっと早かったお花見旅行 2 ~

このブログの感想をぜひ、お聞かせください:・(*>▽<*)ゞ・:よろしくお願いします

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする