京都水族館 料金と割引はどうしてもらう?

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます。(*´∪`)

(出典:トリップアドバイザー)

京都水族館に訪れたことがありますか?

京都らしさに溢れた、キレイな水族館です。

京都の駅から近いこともあり、Familyで訪れることもあると思います。

梅小路公園の隣なので、お子さんと遊ぶのも最適な場所です。

スポンサードリンク

見たいところをクリックしてください。

京都水族館の通常料金

【一般チケット】

  • 大人:2,050円
  • 大学・高校生:1,550円
  • 中・小学生:1,000円
  • 幼児(3歳以上):600円

【年間パスポート】

  • 大人:4,100円
  • 大学・高校生:3,100円
  • 中・小学生:2,000円
  • 幼児(3歳以上):1,200円

【一般チケット】【年間パスポート】とも

障がい者手帳をお持ちの方と同伴者の方(1名)は料金が半額になります

一般チケットでも年間パスポートでも、中学生・高校生・大学生は生徒手帳(学生証)の提示が必要です。中学生・高校生・大学生の方は生徒手帳(学生証)の提示が必要になります。

京都市交通局のチケット提示で10%割引に

京都駅から京都水族館に市バスか京阪バスで行く方が圧倒的に多いと思います。

まず圧倒的に運行本数が多い市バスでは、バスの1日乗車券(500円)を提示すると

水族館のチケットが10%割引で購入できます。

京都市バスチケットを提示することで、入場料が10%割引になります。

(出典:city.kyoto.lg.jp)

その他にも京都市営地下鉄などで使えるチケットで同じような10%割引が受けられます。

  • 市営地下鉄1dayフリーチケット
  • 京都観光一日(二日)乗車券
  • 京都観光一日乗車券【山科・醍醐拡大版】
  • 京都修学旅行1dayチケット

また、京都国立博物館の年間パスポートの提示でも10%引きになりますので

持っているなら提示して下さい。

阪急経由なら京阪バスの提携きっぷで割引

(出典:ameblo.jp

京阪京都交通が発売するチケットを購入すれば、阪急桂駅からの往復のバス代が

丸々タダになります。

阪急桂駅と京都水族館の往復のバス料金と京都水族館の入場料がセットになって、

大人料金が2,050円です。

有効期限は1か月間あるので早めに購入しておいても大丈夫ですが、

桂駅東口案内所で販売しているので当日の購入でいいでしょう。

連休中など混みあう水族館のチケット窓口に並ばなくてもいいのでおススメです。

京都鉄道博物館と京都水族館のセット券で割引

京都水族館から歩いてすぐの京都鉄道博物館のお得なセット券で10%お得になっています。

(出典:JR西日本

セット券を購入していない人も割引してもらえます(๑>◡<๑)

京都鉄道博物館か京都水族館のどちらか利用して、1ヶ月以内に違う1つの施設を利用した場合最初に行った施設の入館券を提示することで、もう1つの施設が約10%割引になります。
セット券は全国のセブンイレブンで購入することが出来ます。

例えば

7月10日 京都鉄道博物館 →8月2日京都水族館(この時に7月10日の京都鉄道博物館の入のチケットを提示)10%割引が適応されます。

1枚で最大5人までが50%割引になるスペシャル割引券

京都水族館は『オリックスグループ』です。

オリックスクレジットなどのグループ企業の特典の1つとして、京都水族館(同じくオリックスグループ)で使えるスペシャル割引券が存在します。

(出典:京都水族館チャンネル)

この割引チケットだと、1度の提示で5人までの入場料が半額になるというものです。

株主優待で10%割引クーポンがもらえる

オリックスの株主優待で、京都水族館の10%割引が受けられます。

株主優待を利用するには、窓口で株主カードを提示してください。

(出典:ヤフオク! – Yahoo! JAPAN)

ヤフオクで割引券を探してみる(∩˃o˂∩)♡

ヤフオク!を見てみると、このスペシャル割引券や年間パスポート引換券や入場券、

割引券などが出品されていることがあります。

出品数自体があまり多くは無いので落札価格も高めですが…

うまくいけば他の割引を使うよりも格安で入場できるかもしれません。

ヤフオクだけでなくメルカリ・楽天オークション等で

ちらほら出品されているのでチェックしてみてください。

京都水族館のアクセス方法

こちらの記事で紹介しています→日帰りドライブで京都へ~京都水族館~

(出典:京都水族館チャンネル

水族館に家族で行くと、入場料料金もバカになりませんよね(⋆′◡‵)

これから行かれる方の参考になれば、いいな。と思います。

このブログの感想を、ぜひお聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする