五山送り火(大文字焼)〜京都の夏の風物詩〜 点火の時間は?見物場所はどこがいいの?

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます。(〃’▽’〃)

(出典:infoLife)

毎年お盆が終わったら、送り火として京都の夜の空に

現れる5つの文字や形、京都の夏の風物詩です。

これを見ると「そろそろ夏が終わるんだ」と思いますよね。

スポンサードリンク

見たい項目をクリックしてください。

五山送り火って?

(出典:tenki.jp)

8月16日夏の夜空に姿を現す京都五山送り火。

祇園祭・五山送り火と京都の夏を代表する風物詩です。

五山送り火は東山如意ケ嶽の「大文字」が有名なので、五山送り火の代名詞のごとくいわれています。

しかしそのほかにも金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があります。

そしてこれらが、同夜に時間を少しずつずらして点火されます。これら全てを京都五山送り火とよんでいます。

(以前には「い(市原野)・「ー」(鳴滝)・「竹の先に鈴」(西山)・「蛇」(北嵯峨)・「長刀(観空寺村)なども、送り火として点火されていましたが、廃絶してしました)

―般的に、送り火そのものは盆の翌日に行なわれる仏教的行事です。

送り火をするのはご先祖様がふたたび冥府にかえるのを送るという意昧です。

8月16日の夜、松明の火を空に投げ上げて霊を見送るという風習がありました。

京都五山の送り火は、これが山に点火されたものであるといわれています。

五山にはそれぞれの歴史が伝えられています。

その起源には平安初期、室町中期、江戸初期ではないかと、さまざまな俗説があります。

しかしどれ一つとして明らかな説はなく、確かな記録も残されていません。

それは「五山送り火」が宗教的行事でありますが、地元の人々によって始められ

受け継がれてきたために、記録にとどめられなかったのではないかと言われています。

現在も「送り火」は地元の人々や、ボランティアの人々によって支えられています。

五山送り火は、数百年という歴史が民間で受け継がれている行事だそうです。

五山送り火の点火時刻

毎年8月16日点火

大文字・・・午後8時  松ヶ崎妙法・・・午後8時05分  船形万燈籠・・・午後8時10分
左大文字・・・午後8時15分  鳥居形松明・・・午後8時20分
(雨天、強風等の気象条件により時間が前後することがありますが、概ね各山とも上記時刻から約30分間灯される予定です)

(出典:イベントニュースサイト)

五山送り火はどこで見たらいいの

五山の送り火の見物客は平日でも10万人を超えるといわれています。

京都の町中は人であふれ大混雑します。

なんとなく出かけると移動もたいへんです。

火が灯るのは最初の文字から最後の文字合わせても1時間もありません。

その間にいい鑑賞スポットを探すのはとても難しいので下調べはとても大切になります。

※ 下見は日が暮れる前のまだ明るい時間にしてください。暗くなってからではもうどこに山があるのかわからなくなってしまいます。

(出典:infoLife)

大文字

賀茂川(鴨川)堤防〔丸太町大橋〜御薗橋〕

北山通〔ノートルダム女学院附近〕

高野川堤防〔高野橋北〕

船 形

北山通〔北山橋から北西〕

左大文字

西大路通〔西院〜金閣寺〕

鳥居形

松尾橋・広沢の池など

その他

市内各ホテル屋上など

五山送り火は、日本ならではの素晴らしい風習だと思います。

京都の方は、「大文字焼」と言われるのはあまりここよく思っていません。

「大文字焼」ではなく「五山送り火」とか「大文字送り火」と言いましょう(๑>艸<)♡

下準備をして美しい送り火を見てください。

五山送り火をみんなで見に行きましたその時のブログです。ぜひ、覗いてください

↓   ↓   ↓   ↓

五山送り火〜仕事帰りにみんなで京都〜

このブログの感想を、ぜひお聞かせください(〃’▽’〃)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする