銀閣寺 ~室町時代の東山文化を代表する建築~ 見どころ・アクセス方法

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます(・∀・)♪+.゚

(出典:DONDONの湯~ほどう

銀閣寺は正式名称を慈照寺といい。

室町時代後期に栄えた東山文化を代表する建築と庭園を有する。

金閣寺とよく比較され、銀箔を貼ったといわれていますが

実際には、銀箔は使われていないそうです。

見たいところクリックしてください。

銀閣寺って?

銀閣寺は金閣寺と並ぶ京都楼閣建築の代表寺院です

銀閣寺を創建したのは室町幕府8代将軍の足利義政で

祖父である足利義満が建てた北山山荘(金閣寺)を参考に

東山文化の代表東山山荘を作りました。

銀閣寺を象徴する建物が銀閣と呼ばれる観音殿です。

銀閣寺へのアクセス

バスで銀閣寺へ

(出典:情報INFORMATIONMIX

京都駅前のバスターミナルのA2乗り場より出る

17系統のバス「綿林車庫前」行きに乗り、約40分の「銀閣寺道」で下車。

時間については、混み具合によって大きく左右されます。

京都駅前の5系統のバスに乗って行くこともできます。

A1乗り場より出る5系統のバス「岩倉操車場前」行きに乗り

「銀閣寺道」で下車。5系統のバスは、17系統のバスよりも時間がかかります。

D1乗り場より出る100系統のバスに乗り「銀閣寺前」で下車。

5系統、17系統のバス下車後、徒歩にて約10分銀閣寺に向かいます。

今出川通りを水路を左手に直進します。

白川通今出川の信号が見えてきますので、京都銀行を目印に水路を左手に直進します。

哲学の道が見えてきますが、そこには入らず手前の橋を渡ります。

渡った先の目印として、京料理お食事「処松葉亭」が右手に見えます。

この道を直進した先が銀閣寺です。

次に100系統の洛バスで行った場合

銀閣寺前で下車し約5分程度徒歩にて銀閣寺に向かいます

京都銀行を目印に水路を左手に直進します。

哲学の道が見えてきますが、そこには入らず手前の橋を渡ります。

渡った先の目印として、京料理お食事「処松葉亭」が右手に見えます。

この道を直進した先が銀閣寺です。

電車で銀閣寺へ

京都駅より地下鉄烏丸線に乗り換え「今出川」で下車。

今出川駅下車後、徒歩で行くと3.7kmも歩かないといけないため

下車後の徒歩は有効的手段とはいえません。

下車後は、102系統か203系統のバスを利用し「銀閣寺道」で下車

徒歩5分程度で銀閣寺に到着します。

電車で行くメリットは、京都駅からバスで行くよりも、「今出川」からバスに乗った方が

込み合う時期であっても比較的スムーズに移動できるというメリットがあります。

タクシーで銀閣寺へ

京都駅から銀閣寺へタクシーで行く場合、スムーズに行って時間は30~40分程度、

料金は2000円前後となります。

ですが、道が混雑している場合は、時間も料金も読めません。

徒歩の場合

京都駅から銀閣寺まで徒歩で行けないことはないのですが、約90分程度かかります。

京都をコースで周りたいというのであれば、得策ではありません。

しかし途中、八坂神社や南禅寺に立ち寄ることができます。

おススメのアクセス方法

混雑時以外は、バスの利用が簡単ですし一番安いです。

連休や紅葉シーズンは道が混むため、電車とバスを利用が

時間的にスムーズに行くかと思います。

3~4人くらいで行動する場合や、歩くのが大変だったり、

小さな子供がいる場合などは、タクシーでの行動もいいかもしれません。

銀閣寺の見どころ

銀閣 ~京都楼閣建築の代表寺院~

(出典:京都旅屋

銀閣寺を代表する建物が銀閣です。

銀閣は2層構造で初層は「心空殿」といわれる住宅風様式を取っています。

上層は「潮音閣」といわれる禅宗様(唐様)の仏堂です。

現存する唯一の室町期・東山文化を代表する楼閣庭園建築です。

金閣寺に貼られた金箔と同じように銀閣寺には銀箔が貼られていた

という説もありましたが、銀閣には銀箔を貼った痕跡はありませんでした。

足利義政が茶道を趣味とし禅宗文化に帰依したわびさび人ですので

創建当初から銀箔を貼る計画はしていなかったものと思われます。

2007年1月に行われた科学的な調査でも銀箔は検出されなかったと発表されました。

銀閣寺の庭園 ~池泉回遊式庭園~

(出典:www.imamiya.jp

銀閣寺の庭園は銀閣前に広がる錦鏡池を中心に

池泉回遊式庭園を形作っています。

この庭園は西芳寺(通称:苔寺)の庭園を模して造ったと言われています。

現在の庭園は江戸時代に改修されたもので、創建当時とは異なっています。

(出典:旅フォト

本堂(方丈)前には砂を波形に盛り上げた銀沙灘と円錐型の向月台があります。

向月台の上に座って東山に昇る月を眺めたと言われていますが、

現在のような形になったのは江戸後期になってからです。

この庭園は1952年に特別史跡、特別名勝にも指定されている景勝地です。

(出典:京都旅屋

拝観料

拝観時間:大人・高校生500円 少・中学生300円(団体扱いはありません)

夏季(3/15-11/30)午前8:30 ~ 午後5:00

冬季(12/1- 3/14)午前9:00 ~ 午後4:30

駐車場有料駐車場あり(京都市営駐車場使用)

問い合わせ先:〒606-8402 京都市左京区銀閣寺町TEL:075-771-5725

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする