日帰りでドライブで京都へ 嵐山・晴明神社・建勲神社

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます°˖✧◝( ´ω` )◜✧˖°

フィギュアスケートの羽生結弦くんが有名になり

この晴明神社も、一躍全国区となった感があります。

今回は、その晴明神社と織田信長を祀ってある建勲神社

京都の観光名所の嵐山を日帰りでドライブしてきました。

スポンサードリンク

見たいところをクリックしてください

京都に出発(•́⌄•́๑)૭✧

日曜日、朝からゆっくりしていたら

いきなり、「京都へ行かない?」と言われ

私は…(・・???? 『いつもの癖が始まった。』と思いました。

テレビを見ていたら、番組でなにか気になる事を言ったんだな…

「で?今日はどこに行くの?」

「建勲神社へ行こう(‘U`)」

建勲神社?う~ん…わからん…

とりあえず、もう10時も過ぎてるし早く出発しないと

ということで出発 京都に行くのなら晴明神社とこの前行けなかった嵐山に寄りたい( ´艸`)

高速道路も余り混雑はなく京都南まで。

羽生結弦くんの人気で一躍有名? 晴明神社

野村萬斎さんの陰陽師が大好きで、フィギュアスケートの羽生結弦も大好きな私。

今まで、ここに来なかったのが不思議なくらいですが( ´艸`)

念願かなって、やっと来れた。

フィギュアスケートの羽生弓弦くんがフリースケーティングで『SEIMEI』を滑ってから

この神社も一躍全国区になったような気がします。

まずはお参り

四神門を抜けて

晴明井の側にある手水舎で

手と口を清めて境内へ

あまり広くない境内なのでぐるっと見回せます。

まずは、本殿を前にお賽銭を入れてお祈りを

「どうか、ゆづ君が怪我なくシーズンが終えれますように…」

あれ?なんか違う…  まあいいか(‘U`)

思っていたより、阿倍晴明公の像は私が思ってたよりぽっちゃりしてる( ´艸`)

晴明の伝説的な逸話が紹介されている顕彰板があり、読み入ってしまいました。みんなの知っているお母さんは狐だとかetc…

厄除桃は、みんなが撫でたから金色でピカピカ✨

ご神木両手を木に当ててパワーをもらいました。

噂の羽生弓弦くんの絵馬が❤

ひときわ絵馬が盛り上がっているところにあります。

みんな、羽生くんの側に絵馬がかけたかったんだろうなぁ( ^ω^ )

絵馬舎に行くと、また別の絵馬が羽生弓弦くん・野村萬斎さんをはじめとする色々な有名人のものがある…

なんか、飲食店の色紙みたい…と罰当たりな事を思いつつ眺めていました。

ふと…あれ?一条戻り橋は?

私達は、堀川通りから入らなかったので、一条戻り橋を見ていないという事に気づき

堀川通の方へ

一条戻り橋と式神をみて、桔梗庵にて五芒星のお土産を買って晴明神社を後にしました。

晴明神社を出た後で、「ゆづくん❤ゆづくん❤」と言ってるあまりお守りを買ってないことに気づきちょっと凹みました。

清明神社を詳しく紹介しています→羽生弓弦くんの「SEIMEI」で一躍有名になった 京都 晴明神社のアクセス方法と見どころ

織田信長公をお祀りしている 建勲神社

この神社をテレビで見たらしく、今日京都に来ようと思ったらしいんです。

まあ、私も織田信長が大好きだから何も言う事はないんだけど(*´∪`)

住宅街の中の小高い山?丘?の上にある神社です。

大きな鳥居をくぐり坂道を上がっていくと

けっこう、急な階段が出現。

それを上って行くと見晴らしのいい境内へ

京都の町が見える。

私の印象は思ったより、ちょっと暗い印象の神社だなぁ…

まあ、いいか(‘U`) 織田信長さん好きだし(*´∪`)

お賽銭をいれてお参りして、一緒に行った友人は

ここで、お守りを購入。

そして、いよいよ嵐山に出発

早くいかないと、日が落ちちゃうよ…

嵐山のシンボル渡月橋と圧巻の竹林

建勲神社から嵐山まで約30分急げ急げ

車を止めて、渡月橋へ

何度来ても、この風景いいわぁ〜♪

桂川にかかる渡月橋

古都京都に来た!って感じがします。

渡月橋を渡って、その後神秘的な竹林へ

嵐山に来たら外せないでしょう

この竹林は、ほんまに圧巻です。

サラサラと風の音がして癒されます。

竹林の中を歩いていくと世界文化遺産の天龍寺

こちらの庭園も趣があって、いいですね

法堂にある雲龍図も見たかったのですが、

(出典:Japantemple.com

時間がない…

今回は、庭園だけでまた今度ゆっくり来ることにします。

京都は、何度来ても飽きない

来るたびに違う顔が見えて大好きです。

また、京都に来ようね♪

嵐山を詳しく紹介しています→京都嵐山 観光スポットが集結 嵐山へのアクセス方法と見どころ

天龍寺を詳しく紹介しています→庭園が見事な世界遺産 天龍寺へのアクセス方法と見どころ

このブログの感想をぜひお聞かせください。

スポンサードリンク