安芸の宮島 厳島神社へ女子旅行、4つの見どころ&オススメのアクセス方法

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます。((ヾ(○・ω・)ノ☆・゚::゚

プチ贅沢旅行が大好きなライター・momoです。

日本三景の一つである安芸の宮島

海に浮かぶ赤い鳥居は、とても大きく荘厳です。

海に囲まれた美しい日本を象徴する風景の一つです。

見たいところをクリックしてください

安芸の宮島って?

広島湾の西にある。安芸の宮島またの名前を厳島といいます。

松島・天橋立とならび、日本三景の一つとして知られる景勝地です。

古代から島そのものが自然崇拝の対象だったとされていて、平安時代末期以降は厳島神社の影響力の強さや海上交通の拠点としてたびたび歴史の表舞台に登場しています。

平清盛が手厚く庇護した事で繁栄を極めました。

平家は壇ノ浦に滅びましたが、その後の鎌倉幕府・室町幕府・地元の領主大内氏や毛利氏、また、豊臣秀吉も篤く信仰し庇護されていました。

安芸の宮島へ向かってlet’s go

宮島まで車で約3時間いいドライブが出来そうな時間(‘U`)

最近調子が悪くって、どこにも行きたくなかった私…

気分転換に連れて出てくれた。

山陽自動車道を広島に向かって進みます。

宮島口で、駐車場に車を停めてフェリーで、神の島『厳島』へ渡ります(*´∪`)

フェリー料金

フェリーで宮島に

厳島…いい響きです( ´艸`)

島につくと早速、鹿がお出迎え

人懐っこいし、かわいい💕

全く人を恐れなていない。奈良の鹿を思い出します。

表参道を通らないで、海の近くを歩いて行きます。

最近流行っている、甲冑を着た人が観光客を盛り上げている。

それを横目に大鳥居の方へ足を進めます。

見どころ1 海に浮かぶ大鳥居

海に浮かぶ朱色の大鳥居(*’v`)b

何度見ても、美しい風景です。

まるで、海に浮かんでいるみたい。

でも、この鳥居は海の中に置いてあるだけなんです。

鳥居の上部に石などを詰めて重くしているみたいです。

(出典:4travel.jp

引き潮になると歩いて、鳥居の側まで行くことができます。

歩いて鳥居まで行きたい人は、潮見表などで確認して行くことをオススメします。

宮島潮見表 ←これを参考にしてください。

見どころ2 海の中の宮殿 厳島神社

潮の満ち引きを計算された厳島神社( ´ー`)

日本三景の一つです。そして、潮の満ち引き、昼・夜でその姿が変わります

朱色の神殿と緑の山そして青い海…

このコントラストがとても美しい(*’v`)b

(出典:wow-j.com

潮が満ちた時には、海に浮かんでいるように見えて素晴らしいです。

私も何度か厳島神社に来ましたが、結婚式をしている人に遭遇

花嫁さん、綿帽子をかぶって綺麗❤

こんなとこで、結婚式をあげたら一生の思い出になるだろうなぁ…

厳島神社で結婚式を挙げなくても、結婚式は一生の思い出か( ̄▽ ̄;)アハハ…

いやいや、ここで結婚式を挙げたらすごい思い出になる。

厳島神社拝観料と拝観時間

1日 00分 1830分
2日 3日 30分 1830分
4日 末日 30分 1730分
1日 1014日 30分 1800分
1015日 1130日 30分 1730分
121日 1231日 30分 1700分

個人/団体 成年/学年 宝物 共通割引
個人 300円 300円 500円
高校 200円 200円 300円
中小学生 100円 100円 150円
団体
各50名以上
250円 250円 400円
高校 150円 150円 200円
中小学生 70円 70円 100円

※嚴島神社と宝物館は、共通割引と団体割引があります。(共通券購入は神社入口のみ)

※団体割引は、大人・高校・中小それぞれが50名以上で適用されます。

階段を上がって、大聖院へ

見どころ3 隠れたパワースポット 格式高い大聖院

(出典:RETRIP[リトリップ]

弘法大師が開いたお寺で、皇室との繋がりも強く明治天皇が宮島にお越しの時には宿泊されるほど格式の高いものです。

豊臣秀吉が大規模な歌会を開いたとも言われています。

階段にずらりと並んだおじぞうさんかわいい帽子をかぶっています。

色々な格好をしています。神秘的なところです。

回転させるお経 摩尼車

大聖院の門をくぐると階段があり摩尼車があります。

転経器とも言われ、チベットの仏具の一つです。回転させた数だけお経を唱えるのと同じ功徳があるとされています。

ぜひ、回しながら階段を上って下さい。

遍照窟

大師堂の地下に、四国八十八ケ所の本尊が安置されています。

遍照窟とは世の中を平和にするため、幸せの火をあまねく(遍)てらす(照)道場(窟)の意味です。

本尊前には各四国八十八ヶ所霊場の砂が埋めてあり、お砂踏みをすると四国霊場巡りと同じだけのご利益があると言われています。

天井一面に薄い光が広がっています。

大聖院のお庭もすてきです。

伊都岐コーヒーで一休み(*´∪`)

よく歩いたので、カフェで一休み。珈琲がとてもおいしかった❤

見どころ4 お土産やさんがいっぱいの宮島の表参道

帰りに通った、表参道はお土産屋さんがいっぱいで、名物のもみじ饅頭や穴子などが食べれるところがたくさんありました。

『世界一の大しゃもじ』が展示してあり、その大きさは約8mもあります。

スポンサードリンク

宮島へのアクセス方法

車で行くには

山陽自動車道を利用します。

関西方面から

広島岩国道路廿日市IC下車、国道2号経由で宮島口フェリー乗り場まで約10分、フェリーで約10分

九州方面から

広島岩国道路大野IC下車、国道2号経由で宮島口フェリー乗り場まで約10分、フェリーで約10分

宮島島内は道が狭くて、駐車場はほとんどなかったように思います。

車は宮島口桟橋周辺の駐車場に停めて、フェリーで行くのがおススメです。

電車・船で行くには

列車

JR広島駅から山陽本線で宮島口駅まで約25分、フェリーで約10分

路面電車
広島電鉄・広島駅から広電宮島口駅まで約60分、フェリーで約10分

広島港(宇品港)から宮島桟橋まで高速船で約22分

平和公園元安橋桟橋から宮島桟橋まで高速船で約50分

大野桟橋から宮島桟橋まで遊覧船で約25分

マリーナホップから宮島桟橋まで高速船で約25分

宮島周辺のオススメ宿泊施設

宮島グランドホテル 有もと

宮島の中にあり、厳島神社の近くにある数奇屋造りの素敵な旅館です。客室露天風呂もありゆっくりと寛ぐことが出来ます。

リーガロイヤルホテル広島

広島市内にはなりますが、他の観光スポットからのアクセスはバッチリです。

リーガロイヤルホテル ブランドで細やかなサービスでワンランク上のおもてなしです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

宮島は厳島とも呼ばれ、日本三景の一つで古代より島そのものが自然崇拝の対象でした。

パワースポットとしても有名で、行くだけでもとてもパワーを頂いた気分になります。

(出典:kusuyama.jp

また、夏には宮島の花火大会があり、水上を彩る花火はとても素敵です。

是非、訪問してみてください。

ここをクリックしてこのブログのコメントを是非お聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする