ひとりで行く日帰り旅行 広島尾道 千光寺と猫の細道となつかしい映画のロケ地

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます♪( ´θ`)ノ

プチ贅沢旅行が大好きなライターmomoです。

今回は、日帰りで行ける。広島尾道です。

尾道といえば、映画のロケ地。尾道ラーメン。坂道。猫。というイメージですよね。

見たいところをクリックしてください。

懐かしい映画のロケ地『艮神社』

私たちの時代には、「時をかける少女」「転校生」「さびしんぼう」など尾道でのロケ映画がたくさんありました。

「時をかける少女」のロケ地で有名な「艮神社」

千光寺ロープウェイ山麓から徒歩1分すぐそばにあります。

艮神社

住所:広島県尾道市長江1丁目3ー5

電話:0848ー37ー3320

千光寺ロープウェイは、尾道駅から少し離れた所にありますが、尾道の商店街を歩いて散策していると行くとあっという間に着きます。

ちょっとした掘り出し物があるかもしれません

艮神社には、大きな楠がありこの木は県の天然記念物にも指定されています。

神社と楠の風景が、とても綺麗です。

猫の細道から千光寺へ

尾道の有名観光スポット千光寺ですが、ロープウェイ(尾道駅から徒歩約15分)で行くこともできます。

しかし、今回は徒歩で行ってみました。

おじいちゃん・おばあちゃんにはちょっとキツイかなぁ。

でも、徒歩で登るのもいいものです。

猫の細道

〒722-0033 広島県尾道市東土堂町長江19−31

最近の猫人気もあって、『猫の細道』というものがあります。

小道には、『福石猫』と言われている石に猫の絵を描いたものが置かれています。

小道の周囲には、古民家のカフェや美術館などがあって猫の気分で小道の散策も楽しいです。

猫もたくさんいて楽しめました。

しっかり坂道を上がって

千光寺は桜で有名ですが、私が行った時は桜は終わっていたので…

でも、新緑が素晴らしかったです。

坂の途中から見える三重塔の背景に尾道水道。絶景です。

この眺めは、とても素晴らしくおすすめの風景です。

本堂には大きな岩の上に、丸い玉の石が置いてある『玉の岩』があります。

これは、「昔、岩の上に宝玉があって夜になると光を放って遥か彼方の海をてらした」とういいい伝えを再現したものだそうです。

光る玉の伝説があり千光寺の名前の由来らしいです。

本堂にお参りをした後、くさり山に。

四国の石鎚山ではなく浄土寺山の鎖山にある石鎚権現さんの方を向いているそうです。

くさり山に登るのであれば、スカートではなくズボンとスニーカーがいいです。

スカートとヒールではなかなか難しいです。

おすすめの尾道ラーメン 『朱華園』

尾道の駅周辺にはたくさんの尾道ラーメンのお店が並んでいます。

朱華苑

住所:〒722-0034 広島県尾道市十四日元町4−12

電話:0848-37-2077

営業時間:11:00〜19:00

定休日:水曜日

人気のお店は行列が出来ていますので、それなりの覚悟が必要かもです。

昼食の時間を過ぎていても、行列が出来ていました。

『朱華園』の尾道ラーメンは、醤油ベースで魚のお出汁でこってりに見えて思ったよりさっぱりと食べられます。

まとめ

私が、訪れたのはゴールデンウイークということもあり

たくさんの人が訪れていました。

坂道が多く古くて情緒あふれる尾道

気分が、ほんわかやさしくなれます。

いちど、坂道やかわいい猫を探しに尾道に訪れてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする