日帰り旅行で国生み神話ゆかりの島 淡路島へ 神話の世界のおすすめスポットはこの3ヶ所

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます٩(๑˃́ꇴ˂̀๑)۶

プチ贅沢旅行がが大好きなライターmomoです。

日帰りで行ける淡路島に行く事になった理由は

古事記・日本書紀の国生みの神話です。

見たいところをクリックしてください。

淡路島が国生みの地

神代の昔の国土創世の時に『伊弉諾命(イザナギノミコト)』『伊弉冉命(イザナミノミコト)』の二神が『天の浮橋』の上に立って、天の沼矛を持って海をかき回し、その時に鉾の先から落ちた滴が自ずと凝り固まって『おのころ島』になったと言われています。その後この二神がおのころ島に立ち、淡路島、四国、隠岐島、九州と作って行ったそうです。

ちなみにこの二神は天照大神の親神様です。

おのころ島が出来たお話の中に、「自ずと凝り固まって…」

そうなんです(๑´罒`๑)✧ だから、漢字で書くと自凝島となり、日本神話では「国生みの地」と言われる場所となったそうです。

日本の神話は意味を知ると、とても面白いですよね。

だから、おのころ島神社に興味が出て来て

日帰りで行ける淡路島にlet’s goという事になりました(๑>艸<)♡

スポンサードリンク

淡路島とは

淡路島は、兵庫県の瀬戸内海に浮かぶ大きな島です。

島のあちこちに神話のお話があります。

また、温泉・鳴門の渦潮などおすすめスポットもたくさんあります。

淡路島の温泉に立ち寄ったの記事はこちら

大歩危・小歩危・祖谷のかずら橋の旅〜にぎやか女子会の旅〜

国生みの聖地 おのころ島神社

住所:〒656-0423 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415番地

電話:0799-42-5320

縁結びのパワースポットでもあるようです。

大きな赤い鳥居がとても立派で、思ったより小さな神社です。

鳥居を潜るとすぐに社務所と手洗舎があります。

石段を上がって行くと、鶺鴒石と本殿があります。

鶺鴒石のお参りの仕方

【新しい出会いを授かりたい方】

まず「白い縄」のみを握り、続いて「赤い縄」のみを握り、その後、思いを込め祈ります。

【今の絆をより深めたい場合】

*お二人で来られた方

男性は「赤い縄」、女性は「白い縄」を握り、二人手を繋ぎ、思いを込めて祈ります。

*お一人で来られた方(相手がいる方)

まず「赤い縄」のみを握り、続いて「白い縄」のみを握り、その後、思いを込めて祈ります。

そして、こちらが本殿

本殿の向かって右側の社には夫婦松(こえ松)の御神木があります。

本殿の裏側には八百萬神社があり、この神社は伊弉諾命・伊弉册命の御子神様が祀られています。

また、おのころ島神社の側には、神々が住む高天原と地上を結んでいたと言われる橋の浮橋がありました。

国生み神話の沼島

住所:〒656-0961 兵庫県南あわじ市沼島2276

電話:0799-57-0008

国生み神話のもう1つのおのころ島が沼島です。

淡路島の沖合に浮かぶ勾玉の形をした島で沼島の「沼」は「国生み神話」の「沼矛」に由来するという説があります。

淡路島より船で行かなくてはなりません。船の時間の確認をお忘れなく

土生港→沼島漁港になります。

使用船舶 : しまかぜ ・ しまちどり

【毎日運航】 

灘線(往) 灘線(復)
便名 沼島発 土生着 便名 土生発 沼島着

1

6時20分

6時30分

1

7時00分

7時10分

2

7時25分

7時35分

2

7時50分

8時00分

3

8時30分

8時40分

3

9時00分

9時10分

4

9時50分

10時00分

4

10時30分

10時40分

5

11時20分

11時30分

5

11時55分

12時05分

6

13時20分

13時30分

6

13時50分

14時00分

7

14時40分

14時50分

7

15時10分

15時20分

8

15時50分

16時00分

8

16時30分

16時40分

9

17時40分

17時50分

9

18時05分

18時15分

10

18時30分

18時40分

10

19時00分

19時10分

【運賃】

大人 小人 手荷物
灘線
(沼島↔土生)
片道 470円 240円 270円
往復 900円 460円

【障がい者運賃】

大人 小人
灘線
(沼島↔土生)
片道 240円 120円

※対象者:第1種身体障がい者、第1種知的障がい者の方
※障がい者1人につき1人の介護者について、障がい者運賃で乗船可能
※切符購入の際に土生側・沼島側の両方の窓口で、申請書への記入と手帳の提示が必要となります。

天の御柱 上立神岩

上立神岩は港とは島の反対側あります。

沼島港から歩いて約20分、展望台からはもちろん海辺に降りることもできます。

海面から突き出す事30mの先が尖った大きな岩です。この岩は、イザナギとイザナミが『おのころ島』に降り立ち、巨大な柱の周囲をまわって婚姻をおこなったという、「天の御柱」ともいわれて縁結びのパワースポットになっています。

そして、上立神岩は竜宮城の表門にあたるとも言われています。

沼島のボランティアガイド

【コース概要】:神宮寺・八幡神社・五輪塔・沼島庭園・上立神岩展望地

※ 神宮寺では住職が在中の場合はお話しを聞く事ができます。

【所要時間】:約2時間程度

沼島ボランティアガイドの詳細

船上から上立神岩などを見ることができる沼島周遊船『おのころクルーズ』もあります。

沼島周遊船「おのころクルーズ」

国生み神話を辿りながら沼島の岩礁を周遊船で一周する”島めぐり”。

【コース概要】:鞘型褶曲(地球のしわ)・上立神岩・下立神岩・平バエ・穴口など

【所要時間】:約1時間程度

神宅の旧跡地 伊奘諾神宮

住所:〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740

電話:0799-80-5001

国生み神話の発祥の地に淡路島にある神社です。

そしてお祀りされているのは国産み・神産みの大神様『伊奘諾命』です。

伊奘諾神宮は、伊奘諾命が国産み・神産みを終えて天照大神に統合の権限を委ねて淡路の多賀の地に「幽宮」を構えて余生を過されたところで、神宅の旧跡と伝えられています。

比較的大きな神社で、大きな白い鳥居があります。

この通りは、比較的新しく阪神淡路大震災後に作られています。

以前の鳥居は大震災で壊れてしまったそうです。

巨大な鳥居を抜けて、すぐ右側に『さざれ石』があります。
国歌の中に出てくる『さざれ石』です。

『さざれ石』とは、小さな石というの意味で、小さな石が長い年月をかけてくっつきあって固まり、大きな岩となったものと言うことで、長い年月を象徴するものです。

そして伊弉諾神宮は日本を代表する神社を直線で結んだ中心に存在していてそれらの神社と深い関わりがあるようです。

夏至…日の出の方角に諏訪大社。日没の方角に出雲大社。
春分秋分…日の出の方角に伊勢神宮(内宮)。日没の方角に対馬の海神神社。
夏至日の出の方角に熊野那智大社。日没の方角に高千穂神社。

かんたんに言うと、淡路島を中心に夏至のとき、太陽は「諏訪大社」の方角から昇り、「出雲大社」の方角へ沈み。冬至のとき、太陽は「熊野那智大社」の方角から昇り、「高千穂神社」の方角へ沈むとなっているようです。

そして、東へまっすぐいったところには「伊勢神宮」があります。

まるで、五芒星…結界をひているようで今のような地図がない時に作られたんだと思うとビックリですΣ(oдo艸)💧

伊弉諾神宮の御神木は、兵庫県指定の天然記念物の古木。樹齢900年の『夫婦大楠』です。

夫婦大楠は、元は2つの楠が、くっついて1つになって成長している楠です。

女性の方は左手で触れて木から手を離さないように反時計まわりにまわるといいそうですよ♡(.◜ω◝.)♡

伊弉諾神宮は夫婦円満・安産・子授けだけでなく、男女の関係で深く傷ついた心を癒すパワーもあると言われています。

今までの人生を振り返り

自分自身を見つめ直すことでこれからすべきことが発見できるといいます。

新しい道を切り拓くきっかけが見つかるかもしれません…

淡路島のおすすめお宿

以前私が宿泊したホテルです。 洲本温泉 夢泉景別荘 天原 <淡路島>
とても綺麗で、眺めも最高でした。

まとめ

淡路島は、国生み神話の島です。

神聖なエネルギーが、至る所で満ちています。

淡路島は、鳴門の渦潮も素敵ですが、こんな風に神話に触れて見るのも素敵です。

ここをクリックしてこのブログのコメントを是非お聞かせください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする