有馬温泉2泊3日の旅、のんびり温泉三昧 癒しの女子旅行

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます ヾ(*´∀`*)ノ

プチ贅沢旅行が大好きなライターmomoです。

女子旅行で、有馬温泉にへ2泊3日でのんびり癒されてきました。

有馬温泉とは

兵庫県神戸市の六甲山の北にある温泉地です。

日本三古湯(道後温泉・有馬温泉・白浜温泉)の一つで、豊臣秀吉が有馬を愛し何度も通っていたようです。江戸時代には『西の大関』とも呼ばれていたそうです。

神戸からは30分程度、大阪からなら1時間、東京から半日(新幹線とバスの乗り継ぎ)あれば行く事が出来き、瀬戸内海国立公園にも隣接しています。

最近では神戸三田プレミアムアウトレットパークにも、近いく利便性のいい温泉地です。

有馬温泉の泉質

塩分と鉄分を多く含む「鉄塩化物泉」トロっと濃厚な感じの通称『金泉』ラジウムを多く含む「放射能泉」炭酸を多く含む「炭酸水素塩泉」やわらかマイルドな感じの通称『銀泉』があります。

宿泊料金は、比較的高いと言われています。

しかし最近では比較的割安な旅館もありますし、日帰り入浴を楽しめる旅館もあります。

ざっくり、有馬温泉の概要を説明しました。

スポンサードリンク

ここからは、私の有馬温泉旅行記です。

有馬温泉1日目 テーマは「癒し」

有馬温泉は、自宅から近いといこともありなかなか足が向かなかった温泉地です。「有馬温泉はいいよ。」と何度も言われていたので「じゃあ、ドライブしながら行ってみるか」ということで٩( ‘ω’ )و

今回は、ゆっくり温泉を満喫したい・癒されたいの目的で、同じ旅館に2泊するというゆったり旅行を企画しました。

電車などの時間にも縛られたくなかったので、好きな時間に出かけることが出来るように愛車のビートルで出発です。

あいにくの雨模様でしたが、それは、それで趣があっていいのかなぁ。

出発して、約2時間有馬温泉に到着。

お世話になった「銀水荘 兆楽」さん

今回お世話になるのは「有馬温泉 銀水荘 兆楽」さん、人気のある旅館です。

「金泉」「銀泉」両方があるそうです。

さっそく、浴衣に着替えて

くつろぎタイム☺️

「兆楽」さんの温泉へ

まずは、温泉ということで大浴場の銀泉へ

噂通りのマイルドなお湯

広い湯船で温かいお風呂 車を運転してきたから天国です

外には露天風呂の金泉があり、これもいい感じ

顔を洗うと、ちょっと口にお湯が入ってショッパイ😣

タオルをお湯に浸けたら、タオルがオレンジ色?茶色?になるので、気をつけて。

お風呂から上がると、お風呂の入り口のところにテーブルとソファーがあり

中居さんが、冷たい「黒豆茶」と冷たい「ずんだ餅」?を準備してくれた。

これが、美味しい💕

次は、離れの露天風呂「櫟の湯」

兆楽さんのオススメのお風呂なんだろうなぁ〜

という感じがヒシヒシと伝わってきました。

こちらの露天風呂は、お湯の中を歩く感じのお風呂と景色をゆっくり眺められるように山側に向かってお風呂の中に腰掛けが付いている。ゆっくり、入ることができるお風呂でした

お風呂で癒されていたら、そろそろ夕ご飯の時間

1日目の夕ご飯

こちらでの夕食は、部屋食です。

温泉にも入って「喉が渇いたし〜ぃ。」喉が、渇かなくても

まあビールだね ٩(๑˃́ꇴ˂̀๑)۶

料理も、とても美味しく満足・満足(*’▽’*)

けっこう、たくさんの料理で全部食べきれなくてご飯を中居さんが、おにぎりにしてくれました。

とても、優しく・気が利く やっぱり日本 お・も・て・な・し 素晴らしい d(^_^o)

部屋は和洋室だったので、ベットです。

中居さんに気を使わず、お腹いっぱいになったので、ベットでゴロゴロしながら焼酎を飲み、日頃の愚痴を言いいながらテレビを見たりetc… 何もしない・気を使わない至福の一時💕

寝る前に、もう一度お風呂に行こう ٩(∗ ›ω‹ ∗)و

再度、幸せ気分を味わいに お風呂へ

雨も降っていたこともあり、有馬温泉街を歩くことはなく…

就寝(u_u)

 有馬温泉二日目 温泉街に繰り出すぞ

遅めの朝食

朝ごはんも、部屋食 上げ膳・据え膳 贅沢だなぁ(๑♡ꇴ♡๑)*೨⋆*✩

遅めの、朝ごはんを食べました。

これも、けっこう量があった。

昨日も言ったけど…こんなに食べてたら帰ったら、ダイエットしないといけない…(◞‸◟)

有馬温泉街 〜雨上がり 趣があったよ〜

旅館の庭が、雨に濡れて綺麗

旅館から温泉街が少し離れっていることもあり、旅館の人が温泉街の入口まで送ってくれました。

温泉街入り口には、有馬温泉観光協会があって有馬温泉のマップやパンフレットが置いてあります。

それをもらってGO!!

温泉街にはレトロな感じの街並みがあり、ゆっくりお土産を見ながら散策

ぶらぶらしながら、お土産を、購入!

これは、金の湯を少し上がった所です。

外湯としては「金の湯」(金泉)「銀の湯」(銀泉)があり、日帰りで温泉を楽しめたり足湯の施設が整っていました。

「金の湯」と「銀の湯」は、少し離れています。その間に神社があり雨上がりだったこともあって、風情がありました。

「ねね」の銅像が、赤い橋の袂にありましたよ。

橋の上から公園の反対側を写真に…

緑が雨に濡れて綺麗でした(▰˘◡˘▰)

有馬温泉のおすすめお土産

お土産は、炭酸煎餅・松茸昆布(佃煮)・金泉焼・よい湯饅頭etc…

私はよい湯饅頭が美味しかった。

みんなのお土産は、有名な炭酸せんべいかな。松茸昆布もいいなぁ。

今日は旅館まで持って帰るのが面倒なので、最終日の明日買います(・ω<)☆

そんなこんなで、うろうろしていたらお腹が空いてきた( *´艸`)

温泉街で昼食は夕ご飯を考えて、軽めに

「明石焼きが食べた〜ぃ!」

六甲ビール・タコの唐揚げ・明石焼きを注文

乾杯♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

最後に、秀吉の銅像のところに行って、スノーで…

温泉街からの帰りも、旅館の人に迎えにきてもらって楽チン

「兆楽」さんに帰って 〜 またまた温泉へ 〜

朝寝坊をして朝風呂には入れなかったし、散策して歩いてちょっと疲れたので温泉へ

今日は、男湯と女湯がchange!

浴室は昨日よりちょっと狭目でも、お湯は相変わらず、いい感じのトロトロです。

私は、昨日のお風呂の方が好きかな。

部屋に帰って、ベットだからちょっと横になったつもりが、爆睡…

夕ご飯の支度の声かけで、目が覚めた(|||O⌓O;)

二日目の夕ご飯

今日は、昼間歩いてるからいっぱい食べれる!と思ってたのに

料理の量が、これまたたくさん 絶対に残るわ… 嬉しいのに全部食べれないのは悲しい(◞‸◟)

とりあえずのビールはやめて、最初から焼酎のロックで♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ホンマに料理の量も多くて、大満足です

この日も、ご飯とデザートが食べきれずおにぎりにしてもらいフルーツもテーブルに置いてもらいました。

やっぱり、夜中に食べちゃうんです。

帰ったら、3kgオーバーだな(><)

絶対にダイエットだ〜ぁ (〃´o`)=3

ふと気がつくと、お風呂が終わってる時間だったので

今日は、就寝(u_u)

有馬温泉三日目 最終日 帰りに出石そばを食べよう!

今朝も、ダラダラ朝寝坊

外は、いい天気になっていた。

朝ご飯の声かけで、目が覚めた。

美味しい朝ごはんをいただきました(*’▽’*)

ご飯を食べたら、ちょっと一息して、最後の温泉へ

これが最後だと思ったら、お風呂から出たくない。

お酒を飲んで夜更かししたのに、お肌の調子もとってもいい。

さすが、秀吉の愛した「有馬温泉」

チェックアウトして、温泉街へ

目をつけていた、お土産をささっと買って

焼きたての炭酸せんべいを、パクリ!! 柔らかい 感動…

でも、すぐ硬くなるから熱いうちに素早く食べないとダメですね。

美味しかった♡〜٩( ╹▿╹ )۶〜♡

出石そばを食べにlet’s go!

お昼過ぎに、有馬温泉を出発。

出石には、何度か行ったけど自分で運転していくのは初めて

やっぱり、道に迷った(° △°,)ガーン

着いたのは、昼ごはんには遅いし…夕ご飯には早いし…中途半端な時間になった。

でも、食べたかったので。

とても美味しくいただきました。

「天通」さんで食べました。老舗の出石そば屋さんという感じです。

出石そばは一人前5皿あるのですが、ツルツル・ペロッと食べてしまえました。

そばつゆも、ちょっと甘めで、卵や山芋を入れるので味も変えることができ、オススメです。

これで、二泊三日の有馬温泉の旅 のんびり温泉三昧 癒しの女子旅行は、終わりです。

ご清覧、ありがとうございました。

最後に

有馬温泉は水質も素晴らしいのですが、レトロな感じの温泉街の街並み・木々の緑とねねの橋の赤とのコントラスト等風景も、素晴らしいものがあります。

ぜひ、有馬温泉を訪れてプチ贅沢にゆっくり温泉につかりながら、日頃の疲れを癒してください。

ご清覧ありがとうございました

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする