徳島市阿波踊り ~ 日本三大盆踊り ~

スポンサードリンク

ご訪問ありがとうございます。(*´∪`)

400年の歴史を持ち世界にもその名を知られる阿波おどり。

毎年8月9日に開催される「鳴門市阿波おどり」を皮切りに徳島県内各地で開催されますが、最も賑わいを見せるのが毎年8月12日から8月15日の4日間開催される徳島市の阿波おどりです。

徳島発祥の阿波おどりとは

徳島藩の蜂須賀家政は徳島城竣工した際に

城下に「城の完成祝いに好きに踊れ」と言ったことから

『阿波おどり』は始まったとされています

しかし、それは定かではありません。

その後、商人達が年を重ねるごとに『阿波おどり』を豪華にしていきました。

そして、『阿波おどり』は徳島の市民にも定着し自由な民衆娯楽となり

戦後は復興の象徴として目ざましく発展していきました。

阿波おどりは今では日本を代表する伝統芸能として世界にも知られるようになりました。

また、徳島県内の小・中・高校では体育の授業や体育祭などで「阿波おどり」を演目として

いる学校も多数あり、徳島県民の代表的な祭りなのです。

スポンサードリンク

国内最大規模 ~徳島の阿波おどり~

(出典:徳島市)

阿波おどりは徳島県内のみならず、全国で数多く開催されています

その中でも、日本最大規模を誇るのが徳島市の「阿波おどり」です。

本番期間は8月12日から15日までの4日間です

本番前日の11日から、「選抜阿波おどり大会前夜祭」

本番期間中は、昼は「選抜阿波おどり大会」、夜は演舞場での「阿波おどり」があり

この期間の徳島市は阿波おどり一色となり、『徳島の阿波おどり』を満喫出来ます。

徳島 選抜阿波踊り大会 前夜祭

(出典:「前夜祭」19時公演(全編) 徳島 選抜阿波おどり大会2013)

阿波おどり振興協会と徳島県阿波踊り協会所属の有名連が合同演舞を行います。

毎年8月11日のみです。そして前夜祭はステージで行うので、この時しか味わえない

年に一度の興奮と感動があります。

徳島 選抜阿波おどり大会

(出典:選抜阿波踊り大会 これが悠久連です)

こちらも、ステージでおこないます。

「阿波おどり振興協会」と「徳島県阿波踊り協会」所属の有名連が

毎日それぞれ3連ずつ出演します。

野外での開放感あふれる阿波おどりとは、またひと味違った趣があります。

徳島 阿波おどり

毎年8月12日から15日まで4日間午後6:00~午後10:30までの開催となり、人出は約130万人、踊り子は約10万人が繰り出します。

駐車場は、とても混雑しますし駐車料金もけっこう高いです。

少し離れていますが無料駐車場の吉野川河川敷緑地駐場やマリンターミナル駐車場を利用しシャトルバス代を100円支払って演舞場の方に向かうとスムーズに行けると思います。

演舞場に向かう途中や演舞場付近では至る所で、阿波おどりの輪が出来ていて

とても賑やかで楽しそうです。

気を付けたい阿波おどりの交通規制

阿波おどり期間中18時~23時は市内の交通規制が実施されます。

市営新町地下駐車場・市営紺屋町地下駐車場・県営幸町駐車場に停めた場合、交通規制時間内(18時~23時)に車両を移動することはできませんのでご注意ください。

(ただし市営新町地下駐車場、市営紺屋町地下駐車場は出庫のみ可能です。)

有料演武場が4カ所あり。有名「連」や芸能人が来ます。

【会場】
・市役所前演舞場
・藍場浜演舞場
・紺屋町演舞場
・南内町演舞場

 【時間】
[第1部]18:00~20:00
[第2部]20:30~22:30

S席・特別席付近で、「連」の踊りが華やかになるので間近で迫力ある

踊りが見たいのなら、少し金額が高くなりますがS席・特別席を買われたらいいと思います。

もちろん、A・B・C席でも十分楽しめます。

ちなみに、私は藍場浜演舞場が好きです( ´艸`)

チケットは、いい席や時間帯は早くから完売しますので、お早めにご購入ください。

そして、飛び入り参加の出来る「連」もありますので

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん」

お囃子どおり踊る阿呆となって見てください。

飛び入り参加の「にわか連」

参加方法は、12日~15日の4日間に、指定された時間に指定場所に行けばいいだけです。

しかも、毎日2回も参加のチャンスががあり、ハッピのレンタルも先着250人という規模で行われます。
集合場所

  1. 徳島市役所市民広場(徳島市幸町2丁目)
  2. 元町おどり広場(徳島市元町2丁目)

お問い合わせ:088-622-4010(徳島市観光協会)

にわか連用オリジナルデザインのハッピを貸出しています!

貸出期間:8月12日~15日の4日間毎日
貸出場所:

  1. 徳島市役所市民広場(徳島市幸町2丁目)
  2. 阿波おどり総合案内所(徳島市寺島本町東
    ※注 徳島駅前で阿波おどり期間中のみ開設)

貸出及び返却時間:18:00~22:00(毎日先着250人)

貸出料:無料
(貸出時に預かり金として、1枚当たり3,000円が必要となり、
返却時にクリーニング代500円を除いた2,500円を返金)

阿波踊りのお囃子

三味線、太鼓、鉦鼓、篠笛 等の鳴り物で、2拍子の演奏をします。

そのお囃子にのって踊り手の集団が踊り歩きます。

♬~♪~♬~♪~

「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」と唄われる『よしこの』リズムが有名ですが、

阿波おどり会場に行ってみると「ヤットサー」と声をあげると「あ、ヤット、ヤット」と返す掛け声をよく聞きます。『ヤットサー』とは「久しぶり、元気だった?」の意味だそうです。

阿波おどり「連」

(出典:I LOVE TOKUSHIMA)

二拍子のお囃子にのって踊る踊り手グループの事を「連」と呼びます。

伝統ある有名連や企業連、学生連など多種多様で、総数は1,000を超えるといわれています。

人気の「連」

娯茶平

連員350人を超える徳島県最大規模の連であり、賜天覧4連のうちの一連。娯茶平調である。 東京の飛鳥連と姉妹連である。

のんき連

徳島一の歴史を誇る賜天覧4連のうちの一連。のんき調である。

新のんき連

性億政明を初代連長とする、のんき調の連である。東京支部として東京新のんき連がある。

阿呆連

阿波踊り三大主流と呼ばれるもののうちの一つ、阿呆調である。東京の江戸っ子連と姉妹連である。

(出典:Wikipedia)

阿波おどり振興協会・徳島県阿波踊り協会・徳島県阿波おどり保存協会などに多数の「連」が所属しています。

あなたの、お気に入りの「連」をぜひ、見つけてください。

徳島 阿波おどり

8月11日 前夜祭

8月12~15日 本祭り

阿波おどりについて:徳島市

阿波おどりは、見ているだけでもとてもワクワクします。

お囃子聞こえ、「ヤットサー!アッ~、ヤット!・ヤット!!」と踊りにこっちも誘われている気分になり、ホントに踊りだしそうになります( ´艸`)

ぜひ、ぜひ「徳島の阿波おどり」行ってみてください。

そのうちに「徳島の阿波おどり」なくなるかもしれませんから( ノД`)シクシク…→阿波おどり中止の危機

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする